電子定款認証に対応しております。

株式会社を設立する際、最初に「定款」を作成し、公証役場での認証手続が必要になります。

定款とは、会社を運営する上で必要とされる基本的事項(商号、目的、本店所在地、決算期、役員の任期など)を定めたものです。

そして、定款には「紙の定款」と「電子定款」の2種類が存在します。

紙の定款については、設立の発起人が、紙媒体の定款を印刷して公証役場へ赴いて認証を受けたのち、認証分の施された紙媒体の定款を会社で保存することになります。

電子定款は、電子媒体(PDF、Wordファイル等)にて作成したのちオンライン申請にて認証手続を行い、認証を受けた定款をそのまま電子データで保存することとなります。

以上の違いのほか、紙媒体では公証人へ支払う手数料5万円のほか、収入印紙代として4万円(合計9万円)の支払が必要であるのに対し、電子定款ではこの収入印紙代を支払う必要がありません。

したがって、手続に要する時間、手間、費用のいずれの点をみても、紙の定款よりも電子定款のほうが優れているといえますが、電子定款の作成には専用の機材・システム等の設備環境や電子証明書の取得が必要であり、全ての弁護士・司法書士が対応可能というわけではありません。

当事務所は、登記のオンライン申請、電子定款認証申請が可能な環境を備えておりますので、安心してご依頼頂ければと思います。

その他の関連コラムはこちら

今すぐ LINE で相談予約してみる!

アカウント:弁護士 櫻庭知宏

LINE ID:@

QRコードでの追加

メールでの相談予約はこちらから

メールフォーム

相談のご予約

03-6205-7235(電話受付時間:平日9:00~18:00)

完全予約制

電話は事務所代表電話になります。弁護士櫻庭をお電話で呼び出していただき、外出している場合はこちらから折り返させていただきます。

刑事事件のご相談初回無料

その他の相談は30分5千円

LINEとメールは24時間受付

LINEでの申し込み

メールフォーム

主なお客様対応エリア
路線図
ページトップへ