長年居住しているアパートの大家さんから、「この春から息子を住まわせたいから、来月で退去してくれ。」と言われました。私がそれは困ると返答すると、「あんたが深夜まで大きな音を立てていると、近隣から苦情が来ている。」と責められました。立ち退き料の話などは一切ありません。大家さんの言う通り、退去しなければならないのでしょうか

大家さんから解約申入れがなされた場合、申入れから6ヶ月の経過によって賃貸借契約は終了します(借地借家法27条1項)。ただし、この解約申入れが認められるためには「正当事由」の存在が必要です(同法28条)。「正当事由」が認められるか否かについては、貸主・借主双方の事情(立ち退きの必要性、居住の必要性、建物の現況や利用状況など)が考慮されるほか、「財産上の給付」(=立ち退き料)の有無や、社会公益上の事情なども評価対象に含めて総合判断されます。

  賃貸人自身、あるいはその家族による居住の必要性もたしかに賃貸人側に有利に働く事情ですが、居住の必要があるという一事のみで、立退料も支払っていないという状況では、正当事由は認められにくいでしょう。この場合、大家さんの言う「近隣からの苦情」についても、正当事由の弱さを補強するために特段の根拠なく主張したものである可能性があります。ご自身に身に覚えがないのであれば、根拠のない立ち退き要求には応じられない旨、毅然と回答するべきです。

今すぐ LINE で相談予約してみる!

アカウント:弁護士 櫻庭知宏

LINE ID:@

QRコードでの追加

メールでの相談予約はこちらから

メールフォーム

相談のご予約

03-6205-7235(電話受付時間:平日9:00~18:00)

完全予約制

電話は事務所代表電話になります。弁護士櫻庭をお電話で呼び出していただき、外出している場合はこちらから折り返させていただきます。

刑事事件のご相談初回無料

その他の相談は30分5千円

LINEとメールは24時間受付

LINEでの申し込み

メールフォーム

主なお客様対応エリア
路線図
ページトップへ