オークションサイトで、落札直後に出品者に対し「転売をやめろ」という趣旨のコメントをした上、「非常に悪い」評価を付けるという、いわゆる「いたずら入札」をしてしまいました(おそらくその出品は転売ではありません)。その後、出品者から落札を取り消され、サイトの運営会社からIDの停止を受けました。私の行為が業務妨害などの罪にあたり、警察に逮捕される可能性はありますでしょうか

オークションサイトの仕組みや表示画面の内容にもよりますが、虚偽の風説(「転売目的の出品者である」こと)あるいは偽計(落札意思がないのに入札したこと)により、相手の業務を妨害したものとして業務妨害罪になり得ます(相手の出品行為が「業務」あたるかという問題はありますが)。また、書き込んだ内容如何によっては、名誉毀損罪に該当する可能性もあります。

出品者が被害届を出さなければ刑事事件として扱われる可能性は低く、今回の行為で身柄を拘束されることは余り考えにくいですが、あくまで違法行為ですので、被害者の動向次第では任意の出頭を求められる可能性はあります。

今すぐ LINE で相談予約してみる!

アカウント:弁護士 櫻庭知宏

LINE ID:@

QRコードでの追加

メールでの相談予約はこちらから

メールフォーム

相談のご予約

03-6205-7235(電話受付時間:平日9:00~18:00)

完全予約制

電話は事務所代表電話になります。弁護士櫻庭をお電話で呼び出していただき、外出している場合はこちらから折り返させていただきます。

刑事事件のご相談初回無料

その他の相談は30分5千円

LINEとメールは24時間受付

LINEでの申し込み

メールフォーム

主なお客様対応エリア
路線図
ページトップへ